1/43 クスコ EZYRacing インプレッサ WRX-STI ラリー北海道2016 #3 マイケル・ヤング&マルコム・リード

1/43 クスコ EZYRacing インプレッサ WRX-STI
ラリー北海道2016 #3 マイケル・ヤング&マルコム・リード組

なんとわなく既に毎年の仕様を再現しているような(笑
でもラリー北海道仕様、つくってないんじゃー?と。調べてみると、確かにVITZの2WDカップ車以来、ラリホ仕様ってなかったようです。
GRBのミニカーも枯渇して収集に苦労しましたが、ちと久しぶりということで下地の色も変えてみようかな。
イメージとしては、陸別Bでのウォータースプラッシュ時の白さですね。
2016陸別B
原色白といったところですが、ピュアホワイトをチョイス。
ボディ塗装をしたところからスタート。
コチラは試作品ですが、在庫したGRBの台数分は作成を受付いたします。
(GRBの在庫がなくなり次第終了)


デカール施工

今回のデカール施工は、ボディカラーの都合上下地を殆ど必要としません。
いきなりデカール完了
イキナリボディグラフィックの施工からでしたが、
ボンネット上のカラーデカールは、ファイヤーパターン施工後に一度白デカールを貼り付けています。
左右のドアゼッケンも同様です。


クリアー塗装や部品の塗装

ボディは一度軽くクリアー塗装を行います。
その後タッチアップや細かい部位の塗装、カッティングの貼り付け作業です。
色々塗装
ホイールは白にリペイント。
マッドフラップは赤にリペイント。
ドアミラーも白塗装ですね。
ただし、ルーフベンチレーターは黒塗装です。


組み立て

部品の作成が完了したら、いよいよ組み立て。
まずドアミラーから貼り付けます。
最近はどんどん瞬間接着剤の使用率を低くしているので、乾燥に少々お時間を頂いております。
特にクリアーパーツはクリアーボンドやUVジェルを駆使して組み立てます。
ガラスのはめ込みは大抵通常の接着剤ですが、フィルム仕様のガラスになった場合、特にクリアーボンドをメインで使用します。
組み立て開始
車内に関してはミニカーの純正そのものを利用します。
マッドフラップとホイールについてはリペイントしましたので組み直しです。
完成
特にマッドフラップを赤にリペイントというのはほぼ発生する作業。
明るい赤で塗装するようにしています。
マッドフラップといえど下地を白にしないと、綺麗に発色しません。


クスコ EZYRacing インプレッサ WRX-STI ラリー北海道2016 #3 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。各部にスミ入れを行ったりして仕上げます。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ クスコ EZYRacing インプレッサ WRX-STI ラリー北海道2016 #3 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク