!DOCTYPE html> ミニカー工房 イマジンズ | 1/43 富士スバル AMS WRX STI 全日本ラリー選手権 JN6 2018Ver. 新井敏弘/田中直哉

1/43 富士スバル AMS WRX STI 全日本ラリー選手権 JN6 2018Ver. 新井敏弘/田中直哉

1/43 富士スバル AMS WRX STI 全日本ラリー選手権 JN6 2018Ver. 新井敏弘/田中直哉組

中々新井さんが全日本タイトルをラリー北海道で獲得したときのモデルを作れないまま・・・
新井さんからご依頼がありました(笑
ありがとうございますm(_ _)m
新井さんから連絡がある前に、実は作成依頼がありました。
ちょうどラリーカムイ2018の手前でしたので、新井さんにお願いしてテントで取材させて頂きました。
イベントを絞らずに、2018バージョンとして作成していますが、細かいステッカー等はあくまでラリーカムイの時点となります。
そして今回は、ドアのARAImotorsportを少々角度変更、小さいステッカーを単色に変更することで再現(小さすぎて、そのまま再現すると見えなくなってしまうため)
ゼッケンはやはり「1番」が良いので、同じくラリーカムイからゼッケンも取材。
実は難解なデカール施工となりますので、工程を楽にするために、側面のデカールについては殆ど1枚で住むように工夫しました。
でもまぁ、また次回作成するときは少々工程は変わると思います。
それでは、いつもどおり作成記スタートです。


ボディの塗装と、デカールテスト

今回は、まずVABのボディを真っ白にします。
そしてデカールテスト後に、色合わせを行う必要があります。
ボディの塗装
真っ白にすることで、形状も見やすくなります(購入時は黒メタのような) フェンダーの凹凸によるロゴのズレを吸収しなければならないのは実車も同様なのですが、簡単にテストができるのはミニカーの特権かもしれません。
デカールテスト(1)
サイドのデカールについては、この様になるべく一枚で貼れるようにしますので、リアバンパーまでの歪みも見ます。
デカールテスト(2)
リアバンパーのついては、トランク側に内折する部位に気を使います。
この距離感は取材時につくったデータから起こしてしまいます。
そしてこういう折込は、常にミニカーのデカール精度の問題でもあり、見せ所でもあります。
実車と違和感がなければある程度成功なのです。


マスキング塗装

現在の新井さんのVABは、塗装の塗り分けを行わないと再現しきれません。
前半分の青部分が、タイトル獲得時との大きな違い。
新井さんによると、基本的に当時とは、背景の青があるかないかであるとのことです。
マスキング
デカールのテスト後に、この様にマスキングしてしまいます。
下地のデカールを極力省くため、ドアは完全にマスキングとなります。
フェンダーの上下分割がキモでした。
マスキングしたら、境目をクリアーしておきます。

テストデカール
デカールそのものの印字は既に完了していますが、刷るときに色合わせ用のデカールも印字しています。
プラ板に貼り付けて、色合わせの準備です。

色合わせ中
板金屋さんのように色合わせしていきます(^-^;;;;
色があったところで、瓶のラベルは「新井さん青」です。

ツートンです
では4台とも(作成数は4台なんです)、塗装しちゃいます。
速めにマスキングを剥がして熱をいれたら、翌日クリアー塗装で慣らします。


デカール施工 1回目

いよいよデカール貼り付けになります。
カラーのデカールと、下地の白デカールを貼り付ける作業が今回の1回目。
施工前
デカールは、既製品とはちがい全て自分で印字ですので、デザインナイフでスジを入れてから水に漬けます。
即ち、デカールのカットも結構作業時間があります。

貼り付け開始
貼り付けて言うkと、どうしてもデコボコがあり、ピッタリ貼り付かない部位も勿論あります。
そういう場所は「デカール軟化剤」等を使用してふやけさせます。
ふやけさせすぎると、ロゴがおかしくなります。

後ろ
今回はリアビューは出来を大きく左右します。
リアバンパーのトランク側への折り返しはバッチリですかね。
折り返しのある場所、貫通する場所等は、デカールを水に付ける前にカットを入れることが大半ですが、貼り付けながらカットすることもあります。

クリアー塗装
全台クリアー塗装を行い、次のデカールに備えます。
先に貼ったデカールの保護もありますが、上から重ねるデカールの食いつきも良くなります。
結果作業効率アップです。


細かいパーツを空き時間で作ります

次のデカール貼付けまでの間、クリアー塗装と熱入れがありますので、少々時間があきます。
組み立て工程時に、全ての部品が揃っているのが当然重要ですが
追い込みになってくると細かい部品が間に合わないなんてことも・・・
今回は速めにガラスパーツ作成を行うことにします。
実は、新井さんのWRXは、左ハンドルなので・・・・

ガラスパーツ作成
ガラスパーツは、今回はフロントガラスは関係なくて捗ります。

そう、新井さんのマシンは左ハンドルですから、
右ハンドルから左ハンドルに改造する必要があるんです(笑
ダッシュボード改造開始
ミニカーは4台あるわけですから、1つ作成して複製、となります。
写真ではメーターパネルが左右ありますが(笑)、左に移植して見て左右のバランスを見ています。
勿論、左に移植が完了したら、右側は削り取られちゃいます。

ポリパテの裏打ち
右側のメーターを削り取ったら、裏からパテを打って固めてしまいます。
ダッシュボード形状を削って整形しますが、次のボディのクリアー塗装時、とします。


デカール施工 2回目

デカール貼り付けの2周目です。
今回でデカール貼り付けは完了です(クリアー塗装との格闘が待っていますが)

フロントマスク
ボンネット等はまるで白い下地がむき出し状態でしたので、上からストライプのデカールを貼り付けて行きます。
新井さんのWRXになってきましたね。

リアピラー等デカール追加
その他、カラーでも重ね貼りになる部位がありましたので、そういう部位についてもサクサク貼っていきます。
直ぐに終わるかと思いきや、案外貼るデカールが多く(笑

残り3台
1台貼るのにカナリの時間を要しましたので、休み休み貼っていきます。
残り3台・・・・・(笑


複製複製また複製

さて、デカール施工が終わったところで、そちらは只管クリアー塗装となります。
中身を作らなければ!
まずはダッシュボードを4台分用意する必要がありますから、綺麗に削ってサフ。
型を作る準備を行います。
ダッシュとシート複製
さ、シリコンを流し込む準備です。
なるべく小さく型を作ります。
シリコンの中に
投入!
このまま乾燥を待つことになります。
日中は会社ですから、24時間待ちは全然問題ないです。
仕事の工程は、そういった時間も加味してるので、帰宅すると作業OKという状態に持って行くのが常です。

ホイール白塗装
さ、ホイールも白く塗装しておきます。
以前から溜め込んでいたホイールをリペイントします。
今回は低さと精悍さを求めてターマックマシンとします。

続々と複製されるパーツ
さて、シリコンで作成した型に、どんどんレジンを流し込んで部品にしちゃいましょう。
この日はともかく作れるだけ複製、と。
後日のミニカーの為にフルバケを用意しておく、というのもあります。
こういったタイミングで作業しておくと、後々楽です。

超音波洗浄
そして、剥離剤等がついている部品達を、一気に超音波洗浄で綺麗にしちゃいます。
とっても楽です。
1個1個洗っていたのが懐かしいです・・・・(遠い目


組み立て開始

いよいよ組み立て開始です。
既に細かいパーツを用意済ですが、ドアミラーのみ本体接着後に塗ります。
(小さくて作業が辛い為)

ダッシュボード
複製したダッシュボードは、ステアリングを接着する必要があるのですが、真鍮線で芯がないと簡単に外れてしまいますので
芯を入れて接着、と。
ステアリングは純正(右ハンドル)から流用です。

ガラス貼り
実は今回のミニカーはガラスがかなり薄くて、非常に取り扱い困難なのです(^-^;;;;
パリンと行かないように、注意しながらの作業になります。

ホイールアライメント
組み立て後、ホイールを軸に入れて接着。ホイールアライメントの調整を行う必要があります。
台座につけてしまうと、タイヤのゴムの抵抗でピッタリ調整することが出来ます。

乾燥中
それでは、一晩乾燥させます。
もう殆ど出来たようなものですが、


仕上げでドアミラーも塗装して台座貼り付け。
そしてちょいと磨きますね(^-^


富士スバル AMS WRX STI 全日本ラリー選手権 JN6 2018Ver. 新井敏弘/田中直哉 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。各部にスミ入れを行ったりして仕上げます。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ 富士スバル AMS WRX STI 全日本ラリー選手権 JN6 2018Ver. 新井敏弘/田中直哉 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク