1/43 モンスタースポーツ@スイフト 新城ラリー2018 JN4 3位 西川真太郎&本橋貴司

1/43 モンスタースポーツ@スイフト 新城ラリー2018 JN4 3位 西川真太郎&本橋貴司

新城ラリー2018で、西川さんと本橋さんがクラス3位に!
おめでとうございます♪
ラリーカムイ仕様で作成予定だった西川さんのモンスタースポーツ@スイフトですが、
新城仕様、に当然なるわけです。
そして、なんとカムイと新城でゼッケンが同じ「27」だったんです。
小変更で新城仕様に変更できます。
ただ、新城仕様とするときに、デカールデータを少々アップデートしまして、ボンネットのデータはシンプルになりました。
カムイ仕様も納品しますので、今回の作成記は新城2018ですが、カムイも混在します。
(製法はほぼ同じ。違いを説明しながら進みます)


下地のデカールが老眼に厳しい(笑

黄色い車は白い下地を多用する中で、最もよく見えないのですが(笑)
モンスタースポーツ@スイフトの場合はストライプ位置がハッキリ目安があるのでなんとかなります。
カムイ仕様白下地
ボンネットとフェンダーのストライプに連続性がありますが、ストライプに境目はないので神経質になる必要はないです。
新城仕様下地
カムイ仕様との違いは、カムイの場合はリアガラスのゼッケン番号が大きく、ボディにも分割貼り付けが必要ですが
新城仕様の場合はハッチのガラスからリアピラーにかけてのラリージャパン招致ステッカーがある、という点。
ガラスパーツの上から貼り付け後に、デザインナイフでカットしつつ一度分離、となります。
クリアー塗装
一度軽くクリアー塗装します。下地でカール保護です。


一度カラーのデカールを貼ります

フロントフェンダーは、別途処理しなければならないのですが
一度全体的にデカールは貼ってしまいます。
(これが終わらないと、フロントフェンダーの作業に入れない)

カラーのデカール貼り付け@カムイ
カムイの場合は前途しましたが、リアドアのガラスゼッケンがボディにも分割貼り付けです。
ガラスパーツ部位は、後ろ半分だけクリアー塗装します。

カラーのデカール貼り付け@新城
リアハッチのガラスと、リアピラーの分割部位が大変。
下地と同じく、一度ガラスパーツをセットしてから一緒にデカール貼り付け。
その後、境目にカットを入れます。
再びクリアー塗装
更にクリアー塗装します。
コチラは、ちょっと厚めにクリアーします。以後、厚くクリアーします。


デカール施工完了

カムイ仕様の場合、ボンネットデータが新城より少々古く
ゼッケン貼り付け
この段階でゼッケンの貼り付け、となります。
白下地デカールを2枚重ね、です。
(新城仕様はボンネットストライプと同じデカールデータ)
その他、フロントフェンダーのストライプをデカールにて追加。

デカール貼り付け完了
いよいよ3台、2種類のモンスタースポーツ@スイフトが揃いました。
天井を研いだりして、クリアー塗装していきます。

ボディもガラスパーツもクリアー塗装がこれにて完了します。
あとは別途、リアウィングを作らないといけません。


組み立て開始

リアウィングは別途複製、作成中ですが、サフまで終わったところでボディの組み立てを開始します。

シャシと合体
といってもシャシをねじ込む、で合体はかんりょうしますが、台座の組み付け作業を行わないといけません。

台座に組み付け後、マッドフラップ接着
台座にネジ留めしたら、マッドフラップの接着になります。
マッドフラップの高さを合わせる為に、コインをマスキングで貼付けで、接着作業します。
接着剤の乾燥を待ちます。


モンスターリアウィング接着で完成

リアウィングを別途作成していましたが、クリアー塗装までキレイに完了。
車体に接着します。
GTウィングで完了
また少々熱をいれまして、UVジェルで強度を上げて完成とします。
やはりこのリアウィングは歴代スイスポには必要不可欠ですね♪


1/43 モンスタースポーツ@スイフト 新城ラリー2018 JN4 3位 西川真太郎&本橋貴司 完成品アルバム

完成品

磨きこんで、部品の強度を確かめて、いよいよ納品準備完了です。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Yahooボックス 1/43 モンスタースポーツ@スイフト 新城ラリー2018 JN4 3位 西川真太郎&本橋貴司 完成品アルバム




イマジンズのリンク