ミニカー工房 イマジンズ | 1/19 モンスタースポーツ スイフト デモカラー

1/19 モンスタースポーツ スイフト デモカラー

1/19 モンスタースポーツスイフト デモカラー

モンスタースポーツ

なんと、コチラのデモカー作成のお仕事のご依頼がありました。

いつもお世話になっております。がんばります!

ということで、オートサロンに間に合わせるべく作成しなければなりません。

ベースは、スズキのディーラーに展示されている色サンプルミニカー。

結構大きいモデルなので、一部マスキング塗装で色合わせ表現することにしました。

また、正確にはちょっと違うのですが、便宜上スケール表記を1/19とさせて頂きます。1/18でも1/20でも問題ないサイズだと思います。

アルトワークスの作成もこのミニカーベースで考えているので、勉強させていただきます(^-^



初めてのボディですので、まずは分解工程から

まずはシャシを分解。
下から2本のネジです。
特に分解が難しい部分はありません。
但し、クリアーパーツは内部で溶かしでくっつけられていますから、少々切削してスムーズに分解できるようにします。
前側
後側
構造が中々良くて、モールドも非常に良いです。
フロントアップ
フロントバンパーとリアバンパーは、実際のデモカーが「スイフトスポーツ」である為に形状が違いますが、
極力再現できるようにします。
赤いストライプそのものは、塗装になるので神経質にならなくてもOKかと。
(デカールですと折り返しに気を使います)


洗浄と白塗装

分解が完了したところで、ボディを綺麗にならします。
丁寧に磨いたら、洗剤洗浄します。
乾燥中
乾燥ブースに置いただけの写真ですが、水分をふき取って乾燥させます。
乾燥したら、白塗装にはいります。
白塗装
コンプレッサーの持続時間にひっかかちゃいまして(笑)、2台のコンプレッサーをかわるがわる使用して塗装(^-^;
ともかく綺麗な白に仕上げないと・・・・


イエローから、チャンピオンイエローに

白塗装の後は、実は先に普通の黄色を吹き付けます。
厚塗りしないように注意します。
モールドに色を落とすときに要注意ですね(^-^;
単純な黄色塗装
やはり、普通の黄色では物足りなさを感じます・・・・・
まぁ、ホンキ塗りではないんですが。
では、乾燥ブースで一晩寝ていただいて、いよいよホンキ塗装ですね。
タッチペン希釈
まず、チャンピオンイエローを作成します。
タッチペンからの希釈でこれだけ作れました。
遂にチャンピオンイエローに
どれだけ塗料を消費するか心配でしたが、下地が黄色というのもあり、綺麗なチャンピオンイエローに塗装できました。
この塗装の後、一度クリアー塗装して磨かないといけません。
ストライプのマスキング塗装が済んだら、ドアモール等を再び黒塗装しましょうかね。


じっくりとマスキングします

さて、マスキング塗装の工程、1回目です。
2回作業を行いますが、まずはボディの赤ストライプ部分から開始します。
ストライプがモールに被るので、ストライプの作業の後から上塗りしますね。
では、起点となるマスキングの貼り付け。
PC上で作成したマスキングデータを印刷して、マスキングテープを作ります。
起点マスキング
なぜ先にここにマスキングテープを貼るかと言いますと、
正しいマスキング
この様に。
実は先にはったマスキングは、位置あわせのための物です。
そのマスキングにあわせて、本来のマスキングの貼付けを行いまして、正確に処理します。
左側のマスキング
しかし、あまりに細かいのは車体サイドのストライプなのです(笑
慎重にRに沿ってナイフをいれて作るマスキング。
この作業は中々目に来ます。ビッグスケールなのになぁ・・・
そう、先端部分を鋭くしたりするので、マスキングテープをサクサク貼り付けるわけではなく、
結構慎重に貼り付けないといけないんです。
カット台から剥がすときもチカラを入れすぎないようにしています。
リアハッチ
リアハッチは下半分が赤になります。
バンパー形状から少々マスキングが困難です(^-^;
今回、スイフトという素材ですが、スイフトスポーツを模しているわけで
リアバンパーの塗装を少々工夫しようかな、と考慮中。
マスキングゾール
マスキングテープであらかた包み込んだら、モールドの保護をします。
ドア等のモールドにマスキングゾールを塗布しなければ、モールドごしに滲みまくりになりますしね(^-^;
さて、あと2台、同じようにマスキングしますか。


赤ストライプ、姿を現す

では、マスキングが終わったボディに、滲み防止クリアーをしたら
本格的に調合した赤で塗装します。
色指定としては、赤に少量の青となるんですが、それなりに混ぜて塗料を作ってみました。
ちょっと明るめですが・・・明るくするか、暗くするかでモデルの印象が大きく変わりそうです。
黄色ボディですので、少々明るめにしました。
赤ストライプ、前から
赤ストライプ、後ろから
僅かに乾燥させ、マスキングを剥がします。
これから思いっきり乾燥してもらいますが、クリアーを一度吹かないとダメなんです。
再びマスキングされてしまうからなのです。


ドアモール等の黒塗装

今回のドアモール等は、基本的に塗装にします。
理由は、リアドアのノブの位置です。
カッティングでは綺麗に処理できません。
よって、一度クリアーしたボディを再びマスキング作業です。
これもまた随分と時間がかかる作業です(笑
マスキング完了
黒塗装前提で、前回マスキングしなかった部位は、ちょっと赤グラデ(笑
リアバンパー
リアバンパー下部ですが、スポーツ感を出したくて黒塗装にします。
実車でも有効なカスタムだと思うので、どなたかチャレンジしてみてください。
ナンバーの封印が問題ですけどね(爆
塗装中
それでは、同じく滲み防止してから黒塗装。只管塗ります・・・
でもまぁ黒は隠蔽率がMAXだから薄くいけそうで
いけないなぁと(笑
上からのクリアー塗装がありますからね。
ちょっと厚めになります。
塗装完了
同じく少々乾燥させてから、マスキングを剥がしちゃいまして
じっくり熱して乾燥させましょう。
天井のモール?それはカッティングで処理します。


デカールの貼り付け(1)

毎度毎度のデカール貼り付け工程スタートです。
ビッグなデカールは、実は貼り付けにコツが要ります。
市販のデカールは破れないように慎重に作業しなければなりませんが
自作でカールですと軟化に難アリなんですよね。
それでもインクジェット+クリアーコートのデカールより、レーザープリンター印字のデカールに移行した事が功を奏していますので、以前より作業は容易になっています。
デカール設計
今回はデカールのサイズを細かく計算して作れますので、ボディケガキに必死に位置あわせという作業は発生しません。
実車の指定サイズから、ミニカーのスケールに合わせて印字してあげれば良いのです。
フェンダーテスト
しかし、実車とミニカーはやはり違いがあるので、このようにテストは必要なのです。
今回は全体のデカールの中、10~20%程のミニカー補正をかけることに寄って精度がよくなりました。
ドアのストライプについては一番修正しました。
グレーが薄い
いよいよ全体に1層目のデカール貼り付け開始です。
おやっ、グレー部分のデカールが思いっきり下地黄色に負けてますね!
急遽、2枚貼りに作業変更です。
補正後
大分色濃くなりました。
この上には、更にデカールが被りますので一番初めに作業する必要があります。
白デカール
普通にデカールが貼れる部分は作業が楽ですが、白い文字等は1層目で作業しておかなければならないですね。
白デカール後ろ
白いデカールもとても下地の影響を受けますので、赤や黄色の上に貼る場合は、2枚貼り作業になります。
1層目では1枚貼り付けまして、クリアー後の2層目で仕上げにはいります。


デカールの貼り付け(2)

1層目のデカール&乾燥後にクリアー&少々研ぎ作業。
そして今回の2層目のデカール貼付けです。
デカール貼り付け完了
遂にデモカーの姿が現れましたね!
モンスタースポーツのロゴがとても鮮明に。
後ろ側はハッチメイン
リアウィンドウにもロゴ貼りですが、本来ガラスパーツ部位に貼る作業です。
この後、勿論クリアー一度行いますが、塗装の各部のタッチアップ作業もあります。
少々版数高いペーパー、そしてテールランプの塗装等を行います。
ボディの仕上げは近いです。
って、これ1台目ですので、まだまだ先は長いですけどね(笑
全台数クリアー塗装
全台数のクリアー塗装。
乾燥したら、仕上げの作業に突入します。
あ、ホイールとドアミラーも仕上げないといけません。


仕上げ開始

今回は、内装の作成はありませんので仕上げ作業は
・ホイールの塗装
・ドアミラーの作成
そして組み立てと進みます。
テールランプ塗装
まずはテールランプの塗装です。
筆塗り作業です。
この上からクリアーパーツが被さるわけです。
なお、構造上接着は、ボディに差し込まれるピン部分のみでOKです。
実は、クリアーパーツの合いもかなり優れているんです。
このモデル、個人的に欲しいナァって思う理由は、そういったパーツの精度の高さもあります。
ホイールの塗装
ホイールも塗装します。
ちゃんとホイールと、ゴムで出来たタイヤと分離できますので自由にリペイントできます。
なお、ホイール&タイヤの流用は、シャシの関係上かなり制限されます。
シャシを改造したら、太いタイヤも履けます。
塗装ブースの狭さから、ボディをホイール等を入れ替え入れ替えで乾燥させています(^-^;
ちとタイムロスですね。
ドアミラー
ドアミラーはゴム製なのですが、きちんとリペイントしないと。
ぶつかってもポキっと行かないように、サンプル車両モデルは大抵ドアミラーはゴム製です。
ドアミラーもデカール貼り付けがありますので、前日塗装したドアミラーに貼り付け。
それにしても1/18前後スケールになると、ドアミラーも作業しやすいですね(笑


組み立て

さぁ、遂に組み立て開始です(^-^
何時もこの工程はとっても楽しい作業ですね。
サンプル車両モデルなのに、部品分割が非常に優れているのでピタっと付きます。
部品組み込み
フロントグリルと、下部は全部別々。
フォグランプもメッキパーツを差し込んで剛性を出す仕組み。
組み込みに接着剤を使いますが、裏からも接着剤を塗布します。
ヘッドライトパーツは、多少バリがあるので切削してから組み込みます。
バリは差し込んだときに塗装を痛めかねません。
シャシの作業
シャシは単純ですが
仮組みしてみるとやはりちょっと軽いですね・・・
というわけで、このシャシ内部に、新品のホイールウェイトを仕込みます。
バランス良く、ね(笑
組み立てた後、多少の重厚感が出て良いですよ。
ネジとめ
さ、いよいよネジ留めしてしまいましょう。
実は3台とも、ナンバープレートが少々違う、という仕様に落ち着きました。
全部で3種類あります。
もし展示されていたら見てみてくださいね。


1/19 モンスタースポーツスイフト デモカラー 完成品アルバム

完成品

ナンバープレートの貼り付け作業を行って完成です。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ 1/19 モンスタースポーツスイフト デモカラー 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク