1/43 レノボ・MINI JCW クロスオーバー
ラリー北海道2015#74 大橋逸夫さん&三浦昂さん モデル作成

2015年の全日本ラリーで出走したレノボ・MINI JCW クロスオーバー。
ラリー洞爺にて取材させていただいたりして下準備していましたが、ラリー北海道での完走劇でジーンと来まして・・・ラリー北海道仕様で作成することにしました。
(ラリー洞爺仕様でも作成可能)
ラリー北海道のSS1のフィニッシュにてドライブシャフトにトラブル発生。
そのままサービスで修復に入りましたが・・・
翌日のDAY1にてDAY撤退。しかし、DAY1やDAY2を走るためにメカニックの奮闘が凄かったのです。
クロスオーバーの4WDユーザーでドライブシャフトを貸してくれる方を探したり
札幌で見つかったということで向かってみるとFFでダメ・・・途中で帯広に引き返したり
結果なんと工具のラチェットソケットをベアリング代用、グリスも耐久性等を考慮した物を選別して組み立て。
見事DAY2を走りきってフィニッシュゲートをくぐったのです。

先にリアウィングを作成

デカール設計や複製作業しなければならないため、リアウィングは今回一番初めに作成します。
複雑形状ですので作成に時間かかりました。
下段のベース作成
まずリアハッチの下段ウィングから作成します。
上に積んでいく作戦です。
下段完成
下段ウィングが完成。
このように下段ウィングが完成しないと、上段のウィングも作れないんです。
サイドパーツ作成
別途作成したウィングサイドパーツです。
小さくて苦心しました(^-^;
下段への貼り付け位置確認
横から見たときの角度も重要ですのでひたすら位置あわせ。
上段ウィングの取り付け、形状も関係してきます。
上段完成
上段のウィングを取り付け。1/43ということもあり、少々実物と形状が違います。このウィングをつけている人は直ぐに解ると思いますが・・・
ウィングは全てプラ板あわせ技で作成です。
車体にセットするとき、更に天井を接続するスプリッターの処理が入ります。
まずはこのウィングの複製作業ですね(^-^;

ひたすら塗装とマスキングを繰り返す

今回はかなりの塗りわけ作業を行います。
白下地にマスキング
まず赤メタリックカラーにする部位については下地に白を塗装します。
リアハッチやバンパーは白ですから、更にマスキングすることになります。
赤メタリック塗装
では、赤メタに塗装です。黒く塗装する部分は、境目以外は残します。
この作業が終わったら、更にマスキングして・・・・
黒塗装
黒の塗装を行います。3台完了。
ここまででかなりのタイムロス(笑
赤メタ塗装後のマスキングは1日かかってますしね(^o^;

デカール施工 その1

デカール施工は、今回は明確に段階を踏む必要があります。
ガラスとボディに被るラッピングもありますので、今回のデカール施工後にガラス嵌めます。

さて、デカール施工と一緒に、メッキモールも再現しなければなりません。先にカッティングで貼りますよ(^o^
先にカッティング処理
ハセガワのミラーシートでメッキモールを再現していきます。
ミニカーも元々メッキ塗装がかかっていますが、リペイントしてしまったので自分で再現しなければならないですもんね。
下地貼り付け
次に下地の白デカールを貼り付けます。
この下地でほぼ車の全体像は見える状態になります。
カラー一層目
一度クリアー塗装したら、カラーのデカールを上から貼ります。
では、この状態でクリアーをもう一度吹いて、ガラスをはめ込み接着します。
乾燥を待つ間にリアウィングに行きましょう。

リアウィングを必死に(笑)複製

プラ板で一番初めに作成したリアウィングですが、今回必要な数量だけ複製できれば良しとし、無理やり複製しました(^-^;
複製直後リアウィング
悩んでいる時間のほうがもったいなく。
全部で5つ抜きましたが、型崩壊。予備も取れてよかったです・・・
完成間近のリアウィング
なんとかバリを取ってペーパー。パテとサフを繰り返して表面処理しています。
いよいよ最後のサフに入ろうと思います。
その後、スポンジヤスリで仕上げて塗装に入ろうと思います。
お尻に火が付いて来ました(^-^;;;;;;;

デカール施工 その2

デカールとクリアが完了したボディに一部ガラスをはめ込み、次の作業に移ります。
二度目の下地
ガラス部位のデカールを貼り付けます。
実車とちがってガラスとボディの段差があるのでちょっとズレが出ますが・・・
そう、ゼッケンが屋根にちょっとかかったりするので、ガラスはめ込み後のデカール施工になります。
更に、この上から最後のカラーデカール貼り付けになります。
そしてリアウィングもいよいよ接着です。

リアウィングの取り付けと最後のデカール貼り付け

遂にリアウィングを接着する時が来ました。
接着部分はリューターで綺麗にして、ボディ密着度を上げます・・・が、一台分は密着度が低いので自分の所持分にします(^-^;;;
ぱっと見わからないんですけどね。ウィングもぱっと見同じ形状で複製できてるんですが、少々歪んでいるんでしょう。
リアウィングの貼り付け
リアハッチへの接着後、天井部位への接続を行わなければなりません。
本当はここも、純正のリアウィングを削り落とさないとつじつまが合わないのですが、写真ようにバランスとりました。
ジェルが硬化したら、ちょいとペーパーかけないとダメですね。
最後のデカール施工
ウィングにもデカール3枚貼らないといけませんでしたし、ウィング取り付け後にデカール完了でよいかなぁ、と思っていました。
この状態でクリアー塗装しなきゃならないですし・・・って、ドアミラーもつけてからにしようかなぁ。
ドアミラーもデカールありますからねぇ(^-^;

組立開始

まず仮組(笑
って、実は室内に通すバーを曲げ加工しなければなりませんので、その処理です。
仮組
1個作ったら、あとは同じ形状に真鍮線を曲げるだけなんですけどね(笑
次にマッドフラップも切り出ししておきます。
仮組
組み立てたらペタペタ貼り付けですので。
わずかに曲げないとボディに密着しません。
本組
いよいよ組み立て。今回は合体自体は速いんですが・・・合体までの作業が時間かかりましたね(^-^;
マッドフラップもつけましたし・・・いよいよ完成間近です。
コーティングしてケースを被せれば作業完了です。

1/43 レノボ・MINI JCW クロスオーバー ラリー北海道2015#74 大橋逸夫さん&三浦昂さん 完成品アルバム

組み付けが完了。表面をコーティング剤で磨いて完成です。
完成品
こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。
Google+ 1/43 レノボ・MINI JCW クロスオーバー ラリー北海道2015#74 大橋逸夫さん&三浦昂さん 完成品アルバム


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中。

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。