1/43 フォルテックDL杉尾インテグラ(DC2) 2016 N1-Class チャンピオン 岡翔太

1/43 フォルテックDL杉尾インテグラ(DC2)
2016 N1-Class チャンピオン 岡翔太

プレイドライブでも特集されたり、優勝して表紙を飾ったりもした フォルテックDL杉尾インテグラ、岡翔太さんモデルです。
2016年の全日本ダートラN1クラスでチャンピオンを獲得。
実車のお手伝いはちょびっとだけ洗車のお手伝い(笑)だったのですがスポンサーの方に密かにご依頼いただいておりましたので、スナガワで取材。
その後GTウィングは変更になったので現状の最終形態です。
DC2のミニカーが少なくなっていてヤフオクで3台がんばって仕入れての作成です。


デカールの設計

まずはデカールの設計です。
デカールの設計
実車の写真からストライプを割り出して作成しますが、ミニカーのボディにはあわないことが多いので・・・
そう、やっぱり合いませんでしたが(笑)、ミニカーボディに合うようにデザインを変えたりします。
FORTECのメーターグラフィックも微調整して実車に似せるのです。
(大半はこの処理をしています)


デカールの貼り付け

ストライプとロゴを一体にして貼り付ける場所と、分離している場所と分かれていますが
デカール施工
この様にまずは仕上げます。
軽く一度クリアー塗装しておきますが、GTウィングのブラケットを後で作成して貼り付けたら、本格的なクリアー塗装を行いますよ。


GTウィングの作成

GTウィングの作成は、最近はデカール作成時にケガキで設計しちゃうことが多いのですが、理由はデカールの設計とリンクしているからです。
左右の清流板
作成してからデカール設計は手間で面倒になっちゃいます。要は非合理的ですので
細かい部品の切り出し
基本的な作成パターンは同じなのですが、部品を揃えてみると結構点数ありますね(^-^;
組立て
ココまで組み立てないと、塗装も出来ないんです。
つまむところが無いとエアブラシできません(笑


クリアー塗装

GTウィングのトランク側ブラケットを接着したら、クリアー塗装を本格的に行います。
クリアー塗装
まず2回吹きますが、修正して再度吹くこともあります。
今回は3回吹いています。


仮組み

クリアーパーツの合わせもあるのですが、一度大まかに組み立てなおしてみます。
仮組み
室内パーツも塗装前に設置してみて、例えばシートの高さを見てみたりします。
(ロールケージに当たる事もありますので)


各パーツの塗装

細かい部品も仕上げに入ります。
シートとウィング
シートはフラット仕上げにしますし、GTウィングは光沢にします。


組立て開始

いよいよ本格的に組み立てます。
しかし、ガラスパーツについては瞬間接着剤を使わないので一晩ボディをひっくり返して寝かせます。
GTウィングの組み付け
GTウィングを組み付けて、UVジェルで強度をアップさせます。
完成
台座に組み付けてケースinしたら完成です。
今回のケースはミラータイプです。


1/43 フォルテックDL杉尾インテグラ(DC2)
2016 N1-Class チャンピオン 岡翔太 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ フォルテックDL杉尾インテグラ(DC2) 2016 N1-Class チャンピオン 岡翔太さん 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク