1/43 TEAM HASRally WRX-STI R4(GRB)
ラリー北海道2013 #22 萩原さん&中田さん

友人がコドライバーで搭乗しているWRX-STIのR4マシンです。
今回はGRBのボディを幾つか仕入れて3台作成という流れです。なお、3台とも手に入れたメーカーは違い、OEMもあって2種類のボディです。
デカールについてはちょっと新しい手法を用いてみましたが、めだった効果は得られませんでした(笑
さてさて、趣味でR4というこのマシン、2014年はラリー北海道に出走しなかったので、2013仕様で作成します。

まずはボディの分解仕分けです。

GRBは数多作成してきましたが、実は部品がビミョーに違ったり、あれ?同じじゃん、という部品があったり、まぁミニカーメーカーどおしで色々あるんでしょうけど、ビミョーに違います。
分解後
今回はボンネットダクトは黄色に塗装する必要がある為、剥がしました。実は裏からはめ込みなんです、ボンネットダクト。

塗り分け作業

今回はボディそのものの塗装はありませんが、微妙に塗り分けしなければならない部位があります。
まずリアウィング。
リアウィングの塗装
黄色パーツはボンネットダクト、ボンネットのR4ダクト、リアウィングになります。
あ、ボンネットダクトは別途レジンで複製後に塗装します。
フェンダーの塗装準備
オーバーフェンダーの色は悩みましたが、実車に近いカラーで普通に塗装しました。
ガンメタ等で重厚感が出るか想定してみたのですが、違う色になりすぎるため却下。

デカール貼り付け作業

デカールは、細かいことを言うと白い下地のデカールの上から黄色い文字のデカールを貼るという部位が多いんです。
これはデカールの質そのものに気を使って作業。
なまじ細かすぎる為、インクジェット向けデカール用紙では厚すぎて段差が物凄く目立つようになるんです。
黄色いインクリボン単色で印字したデカールを使用しています。
(後日作成するマシンでも同様の作業を考慮していた為)
まずは一台目
数台作る場合は、複雑なデカールデーターになる場合、まず一台綺麗に貼り付けちゃいます。
参考にする為もありますが、不足のデカールがあった場合先に工程が進みにくい状況になるので、ネガを先につぶすという意味もあります。
2台目突入
で、早速ネガがあったので追加で印字しつつ作成を進めていきます(笑
3台目
3台目まで下地が完了して、不足デカールの乾燥を待ちます。
カラーのデカールも貼り付けたら、乾燥させて次の工程ですね。

クリアー塗装

いよいよクリアー塗装ですね。
実はデカール前にもクリアー吹き付けましたので、実に重ね塗りの多きボディになりました。
ロゴが多い、デカール重ねが多い、デカールが細かい等、クリアーの回数が多くなる要素満載の場合はちょっとしつこく吹き付けます。
(一気に塗るんじゃなくて数日に分けます)
しぶとく重ね塗り

組み立て

ちょいとはしょちゃってごめんなさい・・・
内装作成写真全然撮影してなかったw
組み立て
実は今回から、マッドフラップはいい資材を見つけたので買ってみました。
適正サイズにカットして貼りつけるだけ。
今回は赤いマッドフラップですが、黒も可能ですし、青もあるはず・・・ちょっとお店でツッコミいれて、青買ってきます。

TEAM HASRally WRX-STI R4(GRB) ラリー北海道2013 #22 萩原さん&中田さん 完成品アルバム

組み付けが完了。ミニカーケースの台座にイベントや仕様のプレートを印刷して貼り付け。完成です。
完成品
こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。
Google+ TEAM HASRally WRX-STI R4(GRB) ラリー北海道2013 #22 萩原さん&中田さん 完成品アルバム


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中。

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。