1/43 Tommi Makinen Racing フィエスタR5 WRC2018 ラリースウェーデン WRC2優勝 勝田 貴元&Marko Salminen

1/43 Tommi Makinen Racing フィエスタR5 WRC2018 ラリースウェーデン WRC2優勝 勝田 貴元&Marko Salminen組

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに選出されてから、欧州でラリー修行中の勝田貴元さん。お父さんはノリさん。
今年(2018)のWRCにも参戦していまして、スウェーデンのWRC2にて

優勝

凄いの一言です。
WRC2初優勝の記念モデルとしてミニカー化を決めたのですが
実車を取材できるわけではないので、只管ネットダイブで資料集め(笑
加えて、何故かフィエスタR5のミニカーは変わった構造をしていて分解できない部位もあり。
(組み立て時の問題もあるけど)
しかし、極力作業できるところまで分解し、作業を開始しました。
更なる飛躍を期待しつつ、まずはこの試作マシンを捧げたいと思います。
(試作後に少々デカールを改訂して、精度を上げます)


分解とデカールテスト

ちょびっとだけ触れましたが
実はコチラのミニカー、買っては見たものの
分解トラップ満載でして(^o^;
窓ガラスも、なんと左右で全然構造が違うんです。
分解を諦めかけていましたが、窓は作り直してもいいか、とトライしたら

案外簡単にポロっと取れました(^-^;

ヘッドライトだけは分解できませんでした。
正直、ボディが真っ白でよかったな、と(大笑

デカールテスト中
外せる部品は外したところで、いよいよ型紙とりしてデカール作成。
TMRのストライプとかは既に作ってありましたので、形状をミニカーに合わせていきます。


デカールが出来ていて、こその塗装

デカールは実車同様につくりますが、正確なマスキング位置を割り出すには、デカールが完成していないといけません。
実はリアフェンダーとバンパーを黒塗りしなければならないのですが、
とあるデカールが出来あがっていないとマスキングできなかったんです。
塗り分け
いくつかのデカールをマスキングテープ化してから、このように正確にマスキングして塗装します。
後は、デカールを只管貼り付ければ作成できますね。


デカール貼り付け

今回は、白デカールそのものは少ないのです。
しかし、窓ガラスを車にハメてからじゃないと貼り付け不可能な部位があります。
まずは基本的なデカールを貼り付けて、一度クリアー塗装しましょう。

デカール印字
デカール印字。
ハガキサイズ1枚で丁度良いです。
不安なのはボンネットです(笑

以外に全然OK
しかし、まぁテスト済ではありましたが、案外ピッタリでした。
次回作からはちょっと作業効率を上げる処置はデカールに施します。
リアハッチのデカール
今回のミニカーは何故かイアハッチが分離です(笑
しかし、ココについては逆に助かったかもしれません。

大体完了
ガラスを嵌めてから、更にデカールを追加しました。
ストライプデータは結構巧くいったナァ、という印象。
さ、何度もクリアー塗装して、ピカピカにしましょうぞ!


組立て開始

組立て開始です。
ホイールは、このミニカーにはグラベル用、そしてマッドフラップも付いてくるんですよ。
しかし、ホイールは全くオフセットが合わないので、やはり苦労します(笑

組み付け

まずは仮組み。
ホイールオフセットも調整して、軸が硬化したら再度分解して、組み立てなおします。
それでは、完成品はアルバムにて(^-^


Tommi Makinen Racing フィエスタR5 WRC2018 ラリースウェーデン WRC2優勝 勝田 貴元&Marko Salminen 完成品アルバム

完成品

ナンバープレート等も接着して、いよいよ完成です。

台座はシンプルにしました。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Yahooボックス 1/43 Tommi Makinen Racing フィエスタR5 WRC2018 ラリースウェーデン WRC2優勝 勝田 貴元&Marko Salminen 完成品アルバム


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク