1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀
全日本ダートトライアル2016 D-Class inスナガワ

itzzDLグローバルランサーの2016仕様です。宮入さん、リピート有難うございますm(_ _)m
今回は、ストライプがシルバーとゴールドになります。
特にゴールドのストライプは前回作成したストライプと違う部位もありますので、少々作り直します。
また、ボディの塗り分け作業でシルバーのストライプを再現することにします。
ゴールドストライプは、本当に金色印刷ですよ(笑

シルバー塗装からマスキング

黒塗装の上からシルバーストライプ塗装したいところですが、黒の上からのシルバーを吹いたとき、どうも下地の黒との相性が気になって・・・
シルバー塗装を厚めにして、上から黒を吹くことにしました。
実際、シルバーを上から吹いたほうが「段差」が高くなるんですよね。
シルバーに綺麗に吹いたら、軽くクリアーを施して乾燥。
残す部分をマスキング
ストライプとして残す部分をマスキング中です。
3台とも行います
実際、シルバーの部位のほうが遥かに少ないんですが・・・・
マスキングしたら、またちょびっとクリアー吹きます。滲み防止。

黒塗装

それでは、黒塗装します。
クレオスのピュアブラックです。塗装後の黒の光り方が綺麗です。
黒塗装
塗装後は少し熱しますが、速めにマスキングテープを剥がします。

下地デカール貼り付け

今回の目玉は、ゴールドストライプの貼り付けですね。
左右のストライプの他にボンネットも貼り付けます。
前方向
ボンネットは、白デカール貼り付け後にゴールドストライプを貼り付けます。
センターのデカールが位置決めになります。
他は設計どおりに、シルバー部分に「被せない」部分と、「被せる」部分を表現します。
後ろ方向
背面はゴールドストライプは今回はありません。
天井のitzzが新たな追加点ですね。

カラーデカール貼り付け

今回はカラーのデカールは少なめなのですが、itzzのグレー表現を怠ると、一気にイマイチになってしまうので、何度か色変更しています。

紙に印字して色確認するのも重要です。
TEINのTマークの、緑色デカールが中々の細かさ(笑
一度クリアーを吹かないと、作業中に剥がれそうです。

ボディ組み立て

ガラスパーツは今回はシンプルですので、割愛。(シンナーでデカール剥がしただけです)
準備したボディ
順番としては、ヘッドライトパーツの組み込み、テールランプの接着、ガラスのはめ込みです。
ボディ組み立て完了
ガラスまではめ込んだ状態ですが、天井への接着剤が乾燥するまでひっくり返しておきます。
ヘッドライトとテールランプは、UVジェルでスキマ処理します。
シャシの組み立て
室内パーツも塗装済、組み立て済でした。大きな改造はありません。
サックリをボディとシャシをねじ込んで、とりあえずのボディ組み立て完了です。
問題はGTウィングです。

週刊GTウィングを作る

創刊号で完了しますけど(笑
GTウィングの作成です。
コレだけは、部品複製というわけに行かず。
というのも、かなり薄く作成します。やはりプラ板合わせで作成する以外に無く(^-^;
他のオーダーの分も含めて作成します。同じGTウィングを装着しますので。
接着して乾燥
まず型となるプラ板を切り出ししたら、GTウィングの3D形状に曲げます。
その曲げにあわせて、別のプラ板を瞬間接着剤で貼り付けることにより、その形状を維持できます。
次に、今回のGTウィングは2段式ですので、2段目を載せるブラケットを接着。
ブラケット
上段はかなり細いウィングになります。
ウィング2段化
この様に、同じ理屈で作成したウィングを載せます。
次にウィング両サイドの部品切り出し作業。
8枚
これは細かい(笑
形をそろえるために、重ねてペーパーしたら、1個1個更にペーパーかけます。
全てのウィングに接着
やっとGTウィングらしくなってきました。
左右のパーツも、平行になるように接着しなければなりません。
ではちょっと乾燥待ち。

次に、GTウィングの取りつけ準備に入ります。
ウィング取りつけ位置
ボディ側にウィングのブラケットを接着しますが、これも1個1個切り出し・削りです。
取りつけ位置は、1枚のプラ板を削りだして、全く同じ位置になるように工夫します。
3台とも完了
この通り、3台とも同じ位置に設定できます。 同じ部品を使って、ウィング裏側にもブラケットを用意します。 ウィング裏側
この通り、きっちり撮りつけできるように準備完了です。
また、このブラケットをウィング裏側に取り付けないと、塗装ができません。
下地中
では、サフ。
この後、GTウィングを塗装します。

GTウィング取り付け

GTウィングは、既に塗装済。
貼り付けるデカールもないので、クリアー処理もしておきます。
裏側
裏側のブラケットは筆塗りします。
内側に真鍮線でボディとの接続になります。

さて、ボディ側の処理です。
トランク
トランク側は、既に前回ブラケットを接着していましたので、ブラケットの塗装と接着作業になります。
この接着は、最近手に入れた水溶性のクリアーボンドです。
始めに接着面につけたときは糸も引かず、中々ヘラで伸ばしやすいです。
ウィング乗せ
接着剤を伸ばしやすいということは、初期定着性は低いということ。
接着面にボンドをつけてから、少ししてから載せると固定が楽です。
硬化したら、やはりUVジェルで改めて強度を上げます。
コレまでの方法より強度が高くなっていますが、やはり仕上げでクリアーに、ということで(^-^

1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀 全日本ダートトライアル2016 inスナガワモデル 完成品アルバム

組み付けが完了。
完成品
こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。
Google+ 1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀 全日本ダートトライアル2016 inスナガワ 完成品アルバム


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中。

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。