1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀 全日本ダートトライアル2014 スナガワ D-Class優勝モデル

1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀
全日本ダートトライアル2014 スナガワ D-Class優勝モデル

2015秋からのダートラミニカー祭の第二弾!
宮入さんがスナガワで優勝したモデルを作成させて頂くことに。
しかも初めての転倒モデルの作成も同時進行。
2台、ピカピカモデル。1台ダメージモデルとして作成を進めていきます。
走行時の写真はいくつか所持(というか撮影)していますが、残念ながら細かい写真がなく、宮入さんご本人に不明のロゴを撮影していただき作成を進めさせていただきました。
初めてのitzzカラーですのでストライプを慎重に作成していきます。
他のitzzカラーのマシンたちにも応用できるからです。


リューターでガリガリと、思う様削ってみました

3台のうち1台はダメージ再現をしなければならないため、写真を見ながらマジックでマーキング。
かつ、外でリューターでガリガリっと削り・・・・天井についてはパテを盛らないと形状を再現不能ですから、ある程度、で。
黒ボディ
天井は本当に穴が開きそうな位削りまして・・・ギリギリ(笑
プラスチックなら溶けて貫通していました。
が、ちゃんと角は馴染ませてサフ。そして真っ黒に塗装します。


シルバー塗装。別パーツ塗装。

itzzカラーの表現の為には、シルバーとストライプ部分をどう処理するか、です。
まず基本的な塗り分け作業を行い、ストライプは少々複雑な施工をします。
ではまずマスキング!
一台目、マスキング完了
1台のみ、少々ちがったマスキング処理を行います。
実は左右のフェンダーは交換済状態にしなければなりません。が、更に左右で色が違います。
全台完了
すべてマスキング完了。
シルバーストライプ完成
シルバーを吹き付けて、少々乾燥してからマスキング剥がし。そして乾燥ブースに投入します。
なお、塗り分け部位の剥離対策で、この状態でクリアー塗装を一回行います。
ダメージモデルのリペイント
おっと、フェンダーを別途塗り分け作業もあります。
本当はサイドステップも左右とも付いていないのですが、さすがに削り落とせないので色違いと、後から汚れ塗装で表現します。


見えにくいですが、シルバー層にもシルバーデカール

車体のストライプ表現を一定の発色にするため、下地にシルバーのデカールを貼り付けなければなりません。
黒ボディ部位のみに貼り付けると、段差もできますが色も変わります。
厳密にはシルバー塗装部分と、下地のシルバーは色が違うんです。
ヨコ
横のストライプについては、結構な精度でデカールを作ることができました。真横の写真がありまして(笑
リアビュー
トランク部分や、屋根部分についてはかなり難航。
真上から見える写真というのはありませんので、いろいろな角度から撮影して頂いた、他のitzz車両のデータも参考にして自力で作成するしかなく。
ボンネット
ボンネットはなんとか自力で作成(笑
走行写真等から作成しますが、写真を平面に引き延ばして、大きく作成します。
実際ミニカーに合わせる時に少々縦横比を変更して配置すると、このように綺麗に作成できます。
3台作成
というベースモデルを3台作成します。更にクリアー塗装を行います。


カラーのデカールを貼り付け開始。姿が見えてきます。

本格的にカラーのデカールを貼り付けていきます。
(一部、カラーのデカール上から白デカール+カラーデカール施工もあり)
フロントから。
ストライプはシルバー下地の上に。itzzロゴは白下地の上に。
リアはストライプが細かく集中する感じ。
どちらも写真ではわかりにくいんですが、ストライプはちゃんと赤メタっぽく光ります。
itzzロゴサイズが絶妙。
ストライプの上にロゴが被さるため、この段階でドアのスポンサーロゴデカール貼り付け。
ダメージモデル
ダメージモデルについては、このボディのデコボコに密着させるためデカールを軟化させます。
ゼッケンは3面だけガムテープ
ゼッケンのシールを貼り付けたらクリアー塗装です。
クリアーはこの段階では数回吹きます。
やっと姿が明確になりました。


ダメージ処理

ダメージモデルも、ここまでは光沢クリアーにて仕上げてきました。
デカールの段差そのものが、はじめから艶消しクリアーだと消えない上にバラバラ感が出てしまうので、まず徹底して艶アリクリアーで作ってきました。
ボンネットのダメージ書き込み
まずボンネットのダメージを面相筆で書き込んでいきます。
写真を見る限り、一気に全体的にキズが付いた方向が決まっています。
ルーフベンチレーターも同じ方向に深いキズが入りますが、まだ取り付けていないので組み立ててから。
全体的な汚れの表現確認
シャシとの仮組。
他の部位は、錆の加工や少々の汚れ塗装をかけます。
タミヤの某汚し剤を使います。
汚しすぎるとわざとらしくなるので、少々汚して伸ばし、その上艶消しクリアーで雰囲気を出します。
ホイールとタイヤも汚れ方が重要。


組み立て開始・・・GTウィング搭載まで

いよいよ組み立てを開始します。
組み立て開始
内装については、すでに分解塗装済になっているので、ダッシュボードやロールケージを接着しながら合体していきます。
ノーマルモデルのみGTウィングが搭載されるので、今回のGTウィング作成は2個。
ただし、ダメージモデルもGTウィングのブラケットは残るため、そちらは3セット。
GTウィングのフルスクラッチ
相変わらずGTウィングはフルスクラッチ。
作るたびに形状が違うので、毎回の作成でよさそう(現状)
複製となると、これまた少々困るんですけどね(^-^;
ブラケット接着
車体側にブラケットを接着。
今回も真鍮線で作成。いよいよGTウィングを載せて固定します。
(実車はもう少々取り付け位置が低くなります)
GTウィング接着
取り付け寸法はピッタリです。
ブラケットの取り付け時点から、ずれないようにプラ板でテンプレートを作っておくとよいです。
さて、仕上げに入りますね。


1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀 全日本ダートトライアル2014 スナガワ D-Class優勝モデル 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。コーティング剤で磨いて完成です。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ 1/43 itzzDLグローバルランサー 宮入友秀 全日本ダートトライアル2014 スナガワ D-Class優勝モデル 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク