1/43 YHマル井山岡家ランサーX ラリー北海道2017 #60 井土卓治&松川萌子

1/43 YHマル井山岡家ランサーX ラリー北海道2017 #60 井土卓治&松川萌子

今回ご依頼のミニカーは、井土さんのエボXです。
暫く地区戦にお邪魔していないので、取材したラリー北海道2017仕様での作成です。
ラリー北海道2017では、ラリーショーで楽しく絡んでいただきました(笑
元のデザインの依田さんの色使いと、くまさんのKZFロゴの色ギャップが良いんですよね。

最近井土さんともえぞ~ちゃんのキャラ絵が出てきていますので、アレンジでリアウィングに追加させて頂きました。
(ラリホ2017では違うステッカーです)
他は、忠実にデカールにて再現しました。


分解後のリペイント

今回の井土さんのエボXは基本的にマッシロですので、きれいにリペイントする必要があります。
また、ボンネットのロゴを生かすためにランプポッドレスで作成することにしました。
ランプポッドはミニカーに付いてきますし、そもそも在庫も実物であれば一財産になるくらいあるのですが(笑)、つけないモデルも大事です。
(作業的にはランプポッドをつけた方が楽)

では、ランプポッドや天井の穴を埋めてリペイントします。

穴埋めはちょっと時間かかりますから、素ボディの出来上がりに時間がかかります。

穴埋めと研磨が終わって下地状態

今回はガンプラでも培った業で速めにボディワークが終わるようにしています。
下地もサフから薄いグレーを上塗り。

白塗装
マッシロに塗装したのですが
写真ではグレー(汗
何度も見直したのですがやはりリペイント後。この後から白は吹いていません(笑


マスキングして黒塗装

エボXをリペイントするとこの作業になります(笑
フロントグリルと、リアバンパー下部のデュフューザーをマスキング塗装しないといけません。
マスキング作業
境目はきれいに。残りは大雑把に(笑
いえ、ちゃんと理由は有ります。
マスキングテープの跡が残っちゃうんです。
テープを貼るのを必要最低限にしているのです。
なお、1/24スケールになると、確か部品が別なので作業は楽だったはず(記憶が曖昧)

室内マスキング
フロアについてもマスキングしておきます。
マスキングついでに(笑
室内についてはシルバー塗装を主体にします。

乾燥
ボディについては、マスキング塗装後に早めにマスキングを除去。
熱して乾燥させます。
翌日からデカール貼り付けOKです。


デカール施工

ボディをピカピカホワイトにしましたので、いよいよお化粧です。
ボンネットのデカール
ボンネットはフロントグリルとダクトとの間の貼り角度が全て。
寸があっていればこの通りピッタシ。

サイド貼り
今回は大きく貼るデカールがメイン。
そうすると、必然的に軟化剤によるデカール軟化、伸ばし、が少々発生するのです。
丸ごと貼るのも、楽に見えてそうでもないんです。
ドアノブは本当に軟化が難しいです。
柔らかくして、馴染みそうだったら中から軟化剤を抜きます。

トランクへの貼り付け
トランクに関しては、テールランプ面への軟化。
コチラはカットを軟化でスムーズに作業できます。


ガラスや、細かい部品作成

デカール施工が完了したボディは、暫しクリアー塗装を何度か行いかつ乾燥待ち、となりますので
内装や細かいパーツを作る時間に当てます。

ガラスパーツについては、結構貼り物が多く、3種類のデカールを使用します。
下地の白デカール、カラーのデカール、オレンジ単色印字デカールです。
(それぞれ別印字)
ガラスパーツへの貼り付け
3周、デカール貼り付け作業を行ったらクリアー塗装します。
クリアー塗装の対象は後ろ半分、となりますので、前側はマスキングしちゃいます。

ドアミラー
今回一番細かい作業は、このドアミラー作成でしょうか。
1/43スケールのドアミラーに、YODARALLYINGステッカーが鎮座するのです。
あ、2枚貼りです。白い下地の上から貼り付けて再現になります。
クリアー後は余白を処理します。


ルーフベンチレーター

塗装を一生懸命剥がしたルーフベンチレーターと、リアウィングも作りこむのです。
ルーフベンチレーター
非常に小さいのですが、ちゃんと作りこみます。
実はルーフベンチレーターとリアウィングは、元々の塗装の顔料の関係もあり全て塗装を剥がさなければなりません。
しかし、部品が柔らかいため、剥離剤に漬けたりすると直ぐに変形しちゃいます。
要は、溶けちゃうんです。
ペーパーや、綿棒にしみこませたシンナーで丹念に塗料を落とすため
実はボディワークで一番時間がかかっています(笑

組み立て間近
さて、リアウィングも裏側を黒くしましたので、全て組み立て可能なまでにクリアー塗装しなきゃですね。


組み立て開始(1)ボディ編

さて、組み立て開始です。
まずは天井へのルーフベンチレータ接着作業まで。
ルーフベンチ接着
ドアモール等の処理を行ったら、ルーフベンチレーターを接着します。
実はこの段階で1晩置いてあります。

ガラス嵌めこみ
次にヘッドライト、テールランプやリアウィング等を接着してから、ガラスパーツを嵌めこみます。
天井にピッタリ接着しないと、内装と干渉します。

乾燥まち
ガラスパーツもですが、細かいパーツの接着を多々行いましたので、また1晩寝かせます。
ドアミラーも落ちやすいですから、ちゃんと乾くのを待たないといけないですね。
なお、ヘッドライトやテールランプについては、このあとUVジェルで仕上げを行います。


組み立て開始(2)合体編

ガラス等の部品がスッカリ接着できたところで、シャシとの合体に入ります。
いよいよ完成間近ですね。

マッドフラップ接着
ロールケージをフロアに接着したら、中に組み込んでネジ留め。
展示台にねじ込み固定したら、このようにマッドフラップ接着作業になります。
高さは1円玉の分で(笑

ワイパー接着
マッドフラップの固定待ちの間、フロントワイパーの接着を行います。
エボXミニカーのワイパーは別部品になっているんです。
カナリ鋭い部品です。

乾燥
いよいよ、最後の乾燥作業です。
熱して待ちます。その後一晩おいてマッドフラップ等の固定を確認します。
あとは、ナンバープレートと台座のシール貼りですね。
どちらももう出来ていますよ(^-^


YHマル井山岡家ランサーX ラリー北海道2017 #60 井土卓治&松川萌子 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。ミニカーケースの台座にイベントや仕様のプレートを印刷して貼り付け。完成です。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

YahooボックスYHマル井山岡家ランサーX ラリー北海道2017 #60 井土卓治&松川萌子 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク