1/43 クスコレーシング ランサーエボリューションX ラリー北海道2012 #5 炭山さん&加勢さん組

ラリー北海道2012ウィナーモデル、炭山さんと加勢さん組がフィニッシュに運んだランサーエボリューションXのモデル化です。
柳澤さん&中原さんのモデルはビテスから発売されていましたが、炭山さん&加勢さんモデルが発売されないのを不満に思い(笑)、自作することに。
できれば並べて飾りたいので、柳澤さんのモデルをベースに「小加工」で再現しよーっと とか思ったのが大きな間違い。
クスコのファイヤーパターンもロゴ位置も結局全く違い(そもそも元リファット車だった)、結局リペイントしてデカールも新造(爆
それではクスコレーシング ランサーエボリューションX ラリー北海道2012#5をご覧ください。

3パターンに塗り分けするところから始まる

実はボンネットが真っ赤である為、天井の白とボディの黒と3色で塗り分けした状態でデカールを開発する事にした。br> 白・赤・黒の三色で塗り分け
いつもどおり、マズはボディのペイント完了。br> 赤は明るい赤にしました。デカールの色に合ってるはずが・・・デカール失敗。後述。br>

透ける透ける!

いつもはそれなりに出来てしまうのですが、色々な色が入り混じった車体になってくるとボディの色の透け、デカールを重ねたときの透けが気になってくるものです。
デカール貼り付け1段階目
この時、デカールの設計を失敗したことに気が付きました。
そう、実はクスコのファイヤーパターン、下地をシルバーオンリーにしてしまったんですよ・・・
この失敗は、以後のミニカー作りに文句無しで組み込んでいますが、白い下地とシルバーの下地を綺麗に使い分け、貼り分けしていかなければなりません。
更にこの段階で、ゼッケン下地の白いデカールは透けが激しいので2枚重ねで隠蔽。コレ自体はゼッケン下地デカールを2つ印刷して置いたので回避(想定内だった)

気を取り直して更にデカール貼り付けを続ける

一度クリアー塗装して慣らした後、更にクスコのロゴやスポンサーロゴをサクサク貼り付けて行きます。
やっとクスコロゴが姿を現しました。
今回のこのミニカーは、ほとんどがボディの加工のみであり、出来上がったらシャシと合体という流れ。

スミ入れ作業・・・慎重に

エボXのボンネットダクトのスミ入れ作業。
ダクトのミゾにスミ入れしたり、エアスクープにスミ入れ剤を流し込んだり・・・・とちょっとラリーカーっぽいディティールをかけて、台座にねじ込みます。

あとは台座に仕様のプレートを貼り付けて完成。

クスコレーシング ランサーエボリューションX ラリー北海道2012 #5 完成品アルバム

組み付けが完了。ミニカーケースの台座にイベントや仕様のプレートを印刷して貼り付け。完成です。
次はもっと精巧な部品を組み込んでみたいです。ランプポッドとか・・・
完成品
こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。
Google+ クスコレーシング ランサーエボリューションX ラリー北海道2012 #5 完成品アルバム


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中。

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。