1/43 BS高崎くす子PRSランサー 2015全日本ジムカーナin本庄 N3クラス 初優勝 飯坂忠司さん

1/43 BS高崎くす子PRSランサー 2015全日本ジムカーナin本庄 N3クラス 初優勝仕様 飯坂忠司さん

ジムカーナマシンの作成第二段!
今回はBS高崎くす子PRSランサーの作成です。飯坂さんがN3クラスで初優勝したモデルです。
カラーリングはラリーを走ったBRZカラーに似ていますが、結構違います。
ストライプ等はもちろんエボX用に作り変え。テールランプ直下へのラインの滑り込みがデカールデータ的にちょっと難しい。
塗りわけ作業も考慮しつつデカール設計です。
なお、GTウィングはダートラの谷田川さんGVBのものと同じらしいのですが、現物がないので新規の私のイマジネーションで作ることにします(笑


穴埋め・・・・

使用しないボディの穴埋め作業を行います。
ルーフベンチレーターはいらないですし、リアウィングもGTウィングに作り直しになりますから、トランクも穴埋め。
穴埋め作業中
今回もポリパテで穴埋め。痩せなくて良いですね。


下地とデカールテスト

デカールの作成は順調でしたが、どうしても微調整しなければならない部分がありますので、下地処理したボディでテストを繰り返します。
下地テスト
テールランプ周りが特に・・・
テールランプ下部へのラインの滑り込みがちゃんと行えないと、デカールとして完成していません。
2度修正して完了。その他は特に大きな修正はありませんでした。


3度のマスキング塗装

デカールでは処理できず、あくまで塗り替え作業を行わなければならない部位の作業。
天井の黒、トランクの白黒塗り分け。そしてフロントバンパーの赤塗装です。
塗り分け1回目
ボディ本体は、、先に真っ白に塗装しました。
トランク背面を白にしなければならないので、シルバー塗装時にはトランクのみマスキングでした。これはさほどの作業ではありません。
黒塗装下準備
黒く塗装する部分を残してマスキングします。
ただし、フロントフェンダーアーチに関しては黒いデカールを印字して貼り付けて再現しますから、気にしません。
黒塗装
一気に4台塗装し、少々自然乾燥します。
このまま温風乾燥すると、マスキングテープのノリがベッタリ残ります。
ちゃっちゃとマスキングテープを取り除いたら・・・・
綺麗にマスキングテープをはがします
今です。強制乾燥しましょう。
フロントバンパーも
更にフロントバンパー下部も赤塗装が必要です。
こういう部位はリペイントの上ロゴのデカールを貼った方が当然綺麗で作業も速いです。


下地デカール

いよいよデカールの貼り付け作業です。
デカール貼り付け前のひと時。
もう一度脳内でシュミレーションします。
フロントフェンダーの加工
まず何より優先で、フロントフェンダーに黒アーチのデカールを施工します。
このアーチの上から下地のデカールを被せるからです。
ボンネット
ボンネットについても、先にクスコのファイヤーパターンが必要です。
上にロゴが被さるからなのです。
天井も。
天井も・・・(笑
とにかく、そういったロゴの順番も含めて下地ということで。
ひたすらカラーのデカールを乗せる下準備を進めます。


カラーデカール

下地が完了したところでクリアー塗装をしてあります。
さて、その上からカラーのデカールを載せていきます。
カラーデカール施工開始
下地ほど時間がかかる作業ではありませんが、少々気難しい部位もあります。
カラーのデカール用紙の場合、下地に使っている用紙よりは結果的に軟化しやすいのも作業効率に影響しますね。
一度クリアー塗装
コレで終わりではありません。
まだリアのフェンダー等に、白下地とカラーデカールの施工は残っているのです。
が、一度乾燥させてクリアーを吹きます。
細かいデカールが完了したら、更にクリアーを吹いて完了となりますが、先にドアモールのカッティングシート貼り付けを行います。


ロールケージ作成

室内の一番の工作、ロールケージの作成です。
幸い競技車両モデルですから、下からロールケージはついておりますが・・・・
BS高崎くす子PRSランサーは4点であります。
ロールケージ作成中
必要な部位を残してカット!(笑
なお、ロールケージ本体はブルメタですので、同様に塗装します。
ロールケージ組み付け
車体に組み付け。
まぁ、元々の取り付け穴に接着するのですけどね(^-^;
ロードカー等をベースにする場合は、ロールケージやシート等は新規で組み込みます。


ガラスパーツ作成

最近写真を撮り忘れることがおおいガラスパーツ。
ちゃんと下地の白いデカール施工から。
ガラスに下地デカール
というのも、ゼッケン関連しか貼らないことが多かったものですから(笑
カラーで仕上げ
下地に合わせてカラーのデカールを貼り付ければOK。
本来デカール糊でフィニッシュするところですが、今回はデカールの食いつきが妙に悪いので、クリアー塗装でフィニッシュしました。


GTウィング作成

久しぶり?のGTウィング作成です。
暫く作ってなかったような・・・どうだっけ(笑
ただ、作成方法はだいぶ決まってきましたから、取り付け部品をどんどん小さくしていくことですね。
型紙から
まず型紙からプラ板にペンで複写。綺麗に切り取ります。
切り取ったら、割れないように曲げ加工していきます。
合わせ技
瞬間接着剤で綺麗に合わせて密着させます。GTウィングの3D形状も、ちゃんと固定されます。
厚いプラ板を曲げただけでは、結果形状が安定しませんのでコチラの方法をオススメします。
綺麗に削ります
瞬着ですから、そのまま削り加工に進むことが出来ますよね。
角を一度出してから丸めます。
塗装準備
ウィング左右も部品をつけたら、いよいよ塗装しないと。
GTウィング下部に、ブラケットとの接続部分を接着したら、クリップでつまんで塗装準備です。
下地を吹き付けたらガンメタ塗装します。
更には、今回はデカール施工をしてからクリアーを一度だけ吹き付けます。
(ウィングをキラキラにする場合は2度クリアーでいいでしょう。今回は樹脂の使用感が欲しくて少々ムラにします)


GTウィングのブラケット作成

個人的に一番辛いパーツの作成です(笑
でもココを作成しないとGTウィングがセット出来ませんからね。根性出す所です。
ブラケットパーツの切り出し
まずは決まったたて寸法からサクサク部品の切り出しを行います。
切っては削り、切っては削り。
外側のブラケット作成
瞬着ではなく、通常の接着剤で組んでいきます。
真鍮線を加工
コレが一番難しい。形もですが、幅や高さも揃えて曲げていかないと、ウィング固定時に左右の高さが合わない。
見た目もバラバラでかっこ悪い。そんな問題をたくさん抱えた場所です。
ボディに接着していきます
ボディに接着していきます。
左右外側のブラケットを通常の接着剤で。位置あわせに神経使います。
次に、速乾タイプの瞬間接着剤でまっすぐタテにブラケットを立てます。
外側からブラケットフタをして・・・
大仕事を終えた感で終了。
GTウィングモデルは、かなりの手間がかかるのでそろそろ料金値上げしようかな(笑


組み立て開始

GTウィングのブラケットを塗装して、ブラケットスキマにUVジェルを流し込みます。
最後に硬化させて、ゆるぎない土台へ変化させます。
組み立て開始
そして、組み立て開始です。
アンテナも真鍮線で作り直し、天井の接合部分はUVジェルで一体感を出します。
では、いよいよGTウィングを接着し、同じく浦からUVジェルで一体にします。かなりの強度が出ます。
いよいよ完成
ドアミラーにもデカール施工、取り付け部のスキマに同じくUVジェル。
エボXのドアミラーは接着しても外れやすいんです。
取り付け内側が山型で、ボディと密着しないので。


BS高崎くす子PRSランサー 2015全日本ジムカーナin本庄 N3クラス 初優勝 飯坂忠司 完成品アルバム

完成品

コーティングして完成とします。デカールといい、中々チャレンジングな部位が多いマシンでしたね(^o^

ほんのわずかにGTウィングの高さが実車よりあります(きっと

谷田川さんのD車と同じウィングということなので、ちょっと横幅も出しました。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ BS高崎くす子PRSランサー 2015全日本ジムカーナin本庄 N3クラス 初優勝 完成品アルバム


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク