1/43 ランサーエボリューション6.5
ラリーモンテカルロ2001 #7 トミ・マキネン&リスト・マニセンマキ組

ミニカー再生でエボ6.5を軽くカスタマイズします。

以前ジャンクで購入していたランサーエボリューション6.5の、モンテカルロ仕様ですが・・・
ボディの表面は展示状態が悪かったのか埃が粘着。
ケースも無いということで・・・とりあえず棚に飾っておきました。
しかし、新城ラリー2014でトミ・マキネンが来る!ということで、サインを頂く素材としてレストアすることにしました。

ボディのケア

まずは分解しないと・・・
しかし、軽いカスタマイズのつもりですので、シャシと分離する程度です。
再生前
綿棒や、水分でゆっくり埃を除去していきます。
デカールにダメージを与えないように注意します。

マルボロデカールの作成

マルボロのデカールを作成しますが、あくまでミニカーの形状に合わせなければならないので注意。
ミニカーのボンネットの白く塗られた部分のサイズに比率を合わせるのは勿論・・・・
通常のデザイン
ボンネットのダクト形状(でこぼこ)にも対応した形状でデカールを印字する必要があります。
ミニカーに貼り付けるデザインデザイン
この様に、直線的な元の形とは異なります。実際のミニカーのボンネットダクトは、かなりの深さがあります。
なお、実際のレプリカ作成時も、位置あわせと貼付けはかなりの難所のようで、塗装で対応する部位もあるようです。
ドアパネルのデカール
リアドアに関しては難しいことはありませんので、素直に比率に従って作成します。
資料には、依田さんの実際のレプリカデータ、RALLY/Xの当時の写真を用いました。
ありがとうございましたm(_ _)m

マルボロデカールを貼付

デカールの印字は少々変則的に対応しました。
ボンネットは1枚丸ごとでは綺麗に貼り付けることは出来ませんので、赤いマークと黒ロゴは別々です。
なお、ボンネットの赤いデカールは、白地のデカール用紙にレーザープリンターで印刷。
黒文字は、インクジェットです。
デカール貼付け時
軟化剤で伸ばして馴染ませました。この白地のデカールは厚みがあり、軟化剤との愛称も良いためセレクトしました。
ちょっと直線的にマークを表現しきれていませんね(汗

ドア側のデカールについては、赤黒1枚のデカール。白地デカールにカラーレーザーにて印字しました。
(レーザー印字のデカールもクリアーコーティングは必要です)

クリア塗装・・・

丸ごとクリアー塗装・・・(笑
ガラスの排除をする時間がなく・・・
実際ガラスのクリアー塗装は多々こなしてはいますが、丸ごとは未体験ゾーンでしたので緊張・・・
UVカットクリア塗装
幸いうまく行ったようです。
UVカットの塗装ですので、かえって良かったかも知れません。
乾燥させたら組み立ててしまいましょう。

ケースに収めて完成

ミラーケースをセレクトしました。
反対側もかなり綺麗に鑑賞できますし、良かったとおもいます。
完成品
また何かジャンクミニカーがあったら、カスタマイズしてみようとおもいます。
さて、果たしてサインがもらえるのかどうか・・・・(笑


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中。

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。