1/60 Msportデミオ BICC Rally of Tsumagoi 2014 #18 いとうりなさん&渡邉駿毅さん組

以前ラリー北海道仕様で作成した事がある、Msportデミオのいとうりなさん仕様「りなっちデミコ」。
今回は嬬恋村で開催されたラリー「BICC Rally of Tsumagoi 2014」に参加された仕様で作成することに。
BICC Rally of Tsumagoi 2014は、全日本ラリーの冬のイベントとして組み込まれる可能性が高いのだとか。
全日本ラリーの冬季イベントは現状ありませんので、とても楽しみですね。
今回りなっちデミコのBICC2014を作成するに当たり、現地の走行写真を提供して下さいました吉田さんに心から感謝いたします。
BICC2014仕様は4台作成し、関係者に配布させて頂きました。
素材はトミカのデミオを使用します。

車両本体を真っ白に。

今回は白いボディーにピンクのツートン塗装を行い、上からデカールを貼り付けるという工程。
ツートンに塗り分けるためにはデカールの開発が先に必要であり、その境目のデカールデーターからマスキングも見出します。
まず作成台数分のデミオのミニカーを分解塗装

デカールデータを作成して車体と寸合わせを行う。

車体のリペイントと同時にデカールのデーターも作成しなければなりません。
ラリー北海道の取材データや、BICCの取材データを元にデカールを作成して行きます。
幾つか新規で作成したロゴデータがあります。
りなっちデミコのデカールの作成
デカールの作成が終わったら、ミニカー本体との付け合せ作業を行います。

ボンネットのゼッケンの角度等に問題があり、データを幾つか修正してから完成とします。
このデータが出来上がったら、ボディの白部分とピンク部分の境目のデカールからマスキングも作成できます。

デカールデータからマスキングを行い、更に塗装

デカールデータからマスキングシールを作成してミニカー本体をマスキングします。
普通に印刷した用紙に透明のプラ板を当ててラインの型をとってテンプレートを作成すると、サクサク作れます。
マスキングしたら、りなっちデミコ色を吹きつけて行きます。
マスキングしてエアブラシでさらに塗装
塗装後にマスキングテープを剥がすと、子のように綺麗に塗り分け完了です。さぁ、デカール
塗り分け完了

デカール施工

今回はカラー印字されたデカール、白印字されたデカール(細かいスポンサー等)、シルバー印字されたデカール(Msport)、3種類を組み合わせて貼り付け作業をしていきます。
貼り付けも順番があります(笑
デカール貼り付け施工完了
貼り付け後にクリアー塗装を行い、シャシに載せて見ました。

ケースへ組み込んで完成

スミ入れ作業等を行い、ケースの台座に組みつけてみました。
台座にミニカーの仕様プレートを貼り付けて雰囲気を出します。
ケースの台座に組み込んだ状態
コーティング作業を行ってツルツルにしたらフタを被せて完成!
りなっちさんに会ったらサインを頂こうと思いますm(_ _)m


イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中。

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。