1/43 CUSCORacing FabiaR5 炭山裕矢/保井隆宏 APRC International RALLY of JOHOR2017

1/43 CUSCORacing FabiaR5 炭山裕矢/保井隆宏 APRC International RALLY of JOHOR2017

APRC International RALLY of JOHOR 2017 にて、炭山さんと保井さんが初めてのFabiaR5でフィニッシュしました。
その時白ホイールであったり緑ホイールであったりしましたが、色合いも良いですし印象が強い緑ホイールで作成。
次戦はラリー北海道2017。日本のラリーファンが、遂に日本人クルーがドライブするR5マシンを目の当たりにするのです。
デカールデータ作成には依田さんのお力をお借りしました。いつも感謝しております。
写真少な目ですが、基本的な作成行程はラリー北海道2016のギル車と同様です。


下地のデカール

あれっ
車体の塗装の説明がないですね。
そうなんです。
写真はあるんですが
他の車と入り混じっていて(笑
基本的なマスキングと塗装についてはラリー北海道2016のギル車と同じです。
ただ、クスコレーシングバージョンは、車体サイドの赤黒ラインは切込みが無いという仕様です。
フロントバンパーも基本は白一色です。

それでは白赤のリペイント完了後からです。

まず下地のデカールはやはり必要です。
そして赤色は白デカールが透けやすいため、2枚貼りで作成します。
フロント側
下地段階ではありますが、ロゴを貼れる所は貼ってしまいます。
リア側
中々資料が不足するところはありましたが、現地でこのファビアR5をラッピング作業した依田さんに写真を送っていただいたりして、現地仕様にするデータをご提供いただきました。
細かいゼッケン等は結構困ることがあります。
例えば天井の追加とか、リアウィンドウの小さいゼッケン等。
基本的にラリーガイド等からロゴを認識したりします。


カラーのデカール

下地状態はクリアーを吹いて続きの作業。
実はギル車も同時に作成しているので、ローテーションで作業を進めています(笑
カラーデカールのフロント側
ゼッケン等はこの段階ではっきりわかりますね。
今年のゼッケンはいつもと雰囲気が違うので、依田さんからの写真がないと厳しかったと思います。
カラーデカールのリア側
リアバンパーは初期バージョンと実戦バージョンが存在します。
シェイクダウン前に少々仕様変更されたのですが、skodaロゴだったんです。
RALLY of JOHORは、SSSのライブ配信があったのですが、直ぐに変更されたことがわかりました。
そんな仕様変更もしっかり吸収したかったので、ラリーが終わるまでデカールデータは少しずつ修正したりしてました(笑


組み立て開始~完成

え?もう?
はい、ガラスパーツとかホイール作成も、ギル車と一緒に写真を撮影してUPしてしまっていたので、分割不可ってことで(笑
組み立て開始します。
パーツ組み込み
最近作成しているミニカーは、ヘッドライトやテールランプを接着した後
実はボディとのスキマにUVジェルを流し込んで硬化させたりしています。
密着感が上がるのは勿論ですが、部品の脱落も防ぎます。とってもオススメ。
台座に組み付け
ラリーが進むと、白ホイール以外に緑ホイールも登場。
これはかっこいい!ということで緑ホイールで作成する決意を固めていました(笑
緑や黄色ホイールといえば日本ではカマタクさんのVABがありますが、ファビアでもかっこいいでしょ?
さて、マッドフラップ等も用意して、仕上げにかかります。


CUSCORacing FabiaR5 炭山裕矢/保井隆宏 APRC International RALLY of JOHOR2017 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。ミニカーケースの台座にイベントや仕様のプレートを印刷して貼り付け。完成です。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ CUSCORacing FabiaR5 炭山裕矢/保井隆宏 APRC International RALLY of JOHOR2017 完成品アルバム





イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク