1/43 WAKO'S RALLY TEAM TOYOTA86 猪股寿洋/尼子祥一 RALLY HOKKAIDO 2018 #17

1/43 WAKO'S RALLY TEAM TOYOTA86 猪股寿洋/尼子祥一 RALLY HOKKAIDO 2018 #17

この年の尼子さんは、突然西川さんのヨコに抜擢されたり
色々忙しい年だったのではないでしょうか。ボクも色々な尼子さんの姿を拝見しました。
さて、今回はそんな2018年の、ラリー北海道です。
猪股さんのコドラとしてAPRCに出場されました。
ラリー北海道スタート
WAKO'Sカラーの86は配色が良く、ステージでもアピール性が高かったと思います。
今回はそんなWAKO'S86の作成ですが
どんな風に再現するか結構悩みまして
結果、マスキング作業を器用にこなして再現するのが一番良いという結論に。
猪股さんと尼子さんの心に響く出来になればと思います。


今回はマスキング塗装

今回は、青い部分はマスキング塗装してからデカール貼付けをしていきたいと思います。
デカールでは処理できないというか、塗らないとどうしようもないのです(笑
が、ピンクのストライプの発色を良くする為にも一手間増やします。
白塗装
まず白く塗装し(まぁ、そりゃそうなんですがw)、マスキングで跡が残らないくらい乾燥。

マスキングデータ印字
マスキングとデカールはLINKしなきゃならないので
本来青くなる部位を先にミニカーに貼り付けます。

マスキングシールカット
光る台の上でサクサクカットしていきます。
これはかなり便利。速く買えばよかったです(笑

母体のマスキングシール貼り付け
まず、基準になるマスキングテープをこの様に貼ります。
この周りに、本当にマスキングするマスキングを貼るのです・・・・ややこしい(笑
でも、これは後日作成する、ご依頼の戦闘機の迷彩マスキングにも用いる手法なので、練習にもなります。
基準となるマスキングに、ストライプ用のマスキングを貼ったら・・・・

上下のストライプ部分のマスキング
基準のマスキングは剥がしちゃいます。
正しい位置で、ストライプが残るでしょ?

ラインのマスキング完了
三台とも、同じように処理します。
この上で、さらにマスキングテープで白い部分を覆い隠してしまいます。
残りは、青くなっていただく、と。

丸ごとマスキング
この様に。
そして、裏からもマスキングします。
車の模型のマスキングは、ココもしっかりしないと
室内側から吹きつけた色が入ったりして結局失敗します。
マスキングは徹底するべきです。


青塗装

今回のWAKO’Sの青色は、調色で作らなきゃならないのですが
ベースの青を何にするかを模型屋さんで相談(^-^;
とあるコバルトブルーに幾つか混ぜて作りました。

青塗装
どぎつくならないように、ちょっと抑え気味にしました。
小さくなると、ピンクのラインが小さくなるので
共存できるようにしましたよ(^-^;

マスキング剥がし
マスキングは速めに剥がして更に熱を入れます。
側面の青部分、白い線が抜けていますが
その部位がピンクのストライプになります。

クリアー塗装
マスキング塗装すると、基本的に段差が出来ますので
クリアー塗装と軽いペーパーで段差を整えます。
この上からデカールを貼り付けるためです。


デカールを貼っていきます

マスキングテープの作成には、デカールデータの完成が間違いなく必要ではあるのですが

デカールの準備
本体のクリアー塗装中に印刷です(笑
カラーのデカールはそのまま。白のデカールはクリアー塗装を軽く行って保護しないといけません。

白デカール貼り付け開始
白いデカールを貼り付けます。
側面は、マスキングで一度位置決めしていますのであわせて貼るだけ・・・とはいえドアノブ部分で軟化作業等があります。

ボンネットも貼り付け
ボンネットは、ロゴのサイドカットにあわせて貼ります。
センターにWAKO’Sロゴが来ます。
(コレもデカールデータ作成時に、マスキングデータとあわせて作成してあります)

下地デカールを貼り付けたら、クリアー塗装
下地になる白デカールを貼り付けたら、再度クリアー塗装となります。
下地の保護の意味もありますが。

カラーのデカール貼り付け(前
いよいよ、カラーのデカールを貼り付けていくと
この様に見覚えのある姿に(笑

カラーのデカール貼り付け(後
ここまで来たら、ボディは一安心です。
更にクリアー塗装をかさねて、綺麗なツルツルボディになって頂きたいところですが、実はいつもと事情が違います。

先行で2台、クリアー塗装
って、あと1台残っています(笑


窓ガラスを嵌めて、更にデカール貼り

いつもであれば、ボディのデカールが終わったところでクリアー塗装になるわけなのですが
今回はちょっと事情が違います。

窓枠の塗装
窓を嵌めてしまう必要があるので、内側を筆塗りしていきます。
乾いたら窓をはめ込む作業です。

ガラスのはめこみ
窓を嵌めたら、実は ガラスとボディにまたがるデカールを貼らなければいけないのです。

ガラスと本体にかぶる、デカール
86のラリーカーでちょっとココは苦しいところなのですが
本来リアウィンドウに貼るゼッケンは、入りきらないわけです。

カラー化
この様に、リアピラーにまたがります。
これも86というクルマをラリーカーにしたときの特徴の一つ。
他にも多々あります。

丸ごとクリアー塗装
ここで、裏側をしっかりマスキングしてクリアー塗装となります。
ギラギラボディになるのは、ココからです(笑


細かいパーツを作りましょう

ノーマルカーを改造する場合、競技パーツを組み込んでいくのですが
その中の一つ、フルバケ。

フルバケ
これは、もう3Dプリンターで一定の品質で出力できるので気が楽になりました。
(コストは掛かります)
部品の複製作業、結構大変だったんです。休日に1日かけて作ったりしてましたのでね・・・

いろいろ塗装、準備
その他、ロールバーやドアミラーを塗装したりして、ボディの乾燥を待ちます。

ホイール
ホイール&タイヤはストックを使用します。
コチラも3Dプリント出力できるようになると、安心材料になるのですが・・・・・


組み立て開始

部品が揃ったところで、組立作業に入りましょう。

フロントのガラス枠塗装
まず、まだ行っていなかったフロントガラスの枠塗装。
ルームミラーも塗っちゃいます。
フロントグリル等もサクサク塗装します。

フロントガラス嵌め込み
フロントガラスをはめ込んで接着。
その他クリアーパーツも多々組み込みます。
一晩乾燥させたら、シャシと合体ですね。

台座にセット
で、遂にシャシと合体して、台座に組まれました。
もう殆ど出来ているように見えますが、ココから集中力を要します。

ドアミラー接着
そう、ドアミラーの接着です。
これは時間をかけて、ゆっくり接着して行かないと。
そして、焦らず熱を入れます。

完成
ナンバープレートと台座のシールを貼りつけて、いよいよ完成です。
仕上げは、アルバム写真撮影が待っています・・・・!


WAKO'S RALLY TEAM TOYOTA86 猪股寿洋/尼子祥一 RALLY HOKKAIDO 2018 #17 完成品アルバム

完成品

納車・撮影のために、磨いたりして完成です。

WAKO'S RALLY TEAM TOYOTA86 猪股寿洋/尼子祥一 RALLY HOKKAIDO 2018 #17






イマジンズのリンク