1/43 ADVAN CUSCO RALLY+ 208GTi 全日本ラリー2015 第2戦 久万高原ラリーウィナー #16 柳澤さん&中原さん

1/43 ADVAN CUSCO RALLY+ 208GTi 全日本ラリー2015 第2戦
久万高原ラリーウィナー #16 柳澤さん&中原さん組

今期(2015年)の全日本ラリーでは、様々な輸入車が参戦を表明し、そのうちの1台・・・ラリープラスからも出走。

チーム名は「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」 ドライバーとコドライバーは柳澤さんと中原さんだ。

このコラボの時点でもうミニカー化は決定していたのですが、メカニックも知り合いであったり、とか・・もう色々と思い入れが強いものになること間違いなしでした。

そして2015年全日本ラリー第2戦の久万高原で早々にクラス優勝を遂げたのでした。

今回作成する仕様は久万高原ラリーウィナー仕様。ゼッケン16番です。

ミニカー完成時点でチームのサイトがOPENになりましたので、リンクしておきますね。

こちらです ↓

ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム


さて、チームに一台、自分に1台のマシンを作成することにします。

今回作成のホイールが2台分しかなく・・・他のホイールでは作成可能ではあります。

サイドウィンドウが複雑形状で心配

分解完了

まずは分解工程です。

分解してみないことにはデカールが作れないどころか、そもそもリペイントがどうなるのか等、設計できないんです。

しかし、事のほか良くできているミニカーでして、ガラスとメッキパーツが一体になっていたり、リアウィングが外れたりと、手間が省けます。

テールランプは取り外し不可でしたが、支障はないです。

が、

ミニカーは左ハンドルしか存在していないので・・・

デカールはそんなに難しくは無いです

とりあえず先に進める為、デカール印字。

デカール施工

基本的なデカール貼り付け

ボディ本体カラーはそのままでOKなので、デカール施工までは速いですね。

フロントバンパーは曲面に恥じませた状態でラインが出るようにデカールが設計されています。

フォグランプ上に被さるカタチになりますが、デカール施工後に穴あけ、上からはめ込むことで綺麗に完成します。

基本的なデカール貼り付け

この段階でクリアー塗装を行い、デカールを保護する必要があります。

フェンダーアーチの施工

アーチ貼り付け

デカールをクリアー塗装で保護しなければこの作業に移れません。

フェンダーアーチ形状のテンプレートを作成しておき、ハセガワのフィニッシュシートを切り出します。

フェンダーに当て、ボディに馴染ませながら貼り付けていきます。

余分な部分は裏に折り返しですが、ある程度切り取ります。

実車同様です。

前後左右のフェンダーに対して同じ作業を行います。

但し、フロントとリアでは勿論アーチが違いますのでテンプレートは別々です。

この施工は、実車と同様の作業になります。

基本的なデカール貼り付け

この作業を2台行い、さらにクリアー塗装を行います。ココまで行けば外装は完成したも同様。

ゼッケンの貼り付け

ゼッケンを印字したシート

ミニカーの仕様によるのですが、ゼッケンを別途上から貼り付けるカタチにして見ました。

ナンバープレート等を印字しているシートで再現ですが、こちらのほうがデカールより繊細にリアルに作ることが出来ます。

シールのように貼り付けられますので、作業性も高いんです。ズレもありません。

ホイールの組み付け

シルバーホイール採用

今回作成するマシンはターマック用ですので、ストックはすごく沢山あります。

2セット分保持していたGVBのホイールを採用することにしました。

一番実車に近い形状のホイールです。

OZもありますが、OZ過ぎですので不採用。

トラブル

ヘッドライトの施工

実は分解してから気がついたのですが、ヘッドライトのクリアーパーツが不足していました。

製造不良だったのですが、分解してから気がつくとは・・・やむ終えないので、納車分はクリアーパーツで組上げ、自分の分は新しい手法を試してみることにしました。

大抵、ヘッドライトの内部メッキパーツと、表面のクリアーパーツは別々なのです。

この内部のメッキパーツをはめこみ後に、UVクリアージェルという透明のジェルを流し込み、LED照射で硬化させます。

硬化は40秒と速く、とても作業性が高く仕上がりも良い。オススメの資材です。

なお、一度にジェルを盛るとタレますので、数回に分けて流し込み、爪楊枝で気泡撤去、形状安定、LED照射を繰り返します。

写真のようにとてもリアルに仕上がりました。

(但し、この作業を行えるボディは限られます)

右ハンドル化

ダッシュ交換

左ハンドルでしたので、国内仕様の右ハンドルに変更しなければなりません。

勿論こちらのダッシュボードの交換で済みますが、まずは右ハンドル化したダッシュを作成します。

左ハンドルのダッシュのカットとポリパテで整形、おゆまるで複製という手順です。

複製時、型にレジンを流し込むのは、全面→硬化→上面→硬化 という手順でL字形状で作れますよ。

ダッシュ交換

ちゃんとボディと合体してテストしておきましょうね。

最終組立開始

おおかた完成

ドアミラーにYODARALLYINGデカールを貼り付けて、いよいよ組み立て開始です。

ロールケージはいつもどおり真鍮線を曲げ加工。

フロントのピラー部とシート後ろというシンプルな作りで雰囲気を再現。

後は翌日にアンテナの塗装を行えば完了でしょうか。


ほぼ完成ということで、YODARALYINGさんが実車施工した様子を再現。

唐津現地施工お疲れ様でした。

1/43 ADVAN CUSCO RALLY+ 208GTi 全日本ラリー2015 第2戦
久万高原ラリーウィナー #16 柳澤さん&中原さん 完成品アルバム

完成品

組み付けが完了。表面のコーティングを施して完成です。


こちらから、完成品のアルバムを見ることが出来ます。

Google+ ADVAN CUSCO RALLY+ 208GTi 全日本ラリー2015 第2戦 久万高原ラリーウィナー #16 完成品アルバム




イマジンズでは、WRC等ラリーカーのミニカーも販売中

ImaginS(イマジンズ)では、ラリーカーのミニカー販売も行っています。
主にご紹介しているのはミニカーですが・・・色んなワードで様々なホビーが買えたりします(笑
勿論F1ミニカーも、1/24プラモデルやガンプラ等もOK!

検索機能は↓をクリック!
提携サイト「カーパーツだ!」から購入できます

また、ImaginSサイト各ページでは、1/43のラリーカー販売情報をご紹介しています。

イマジンズのリンク